自動返信文の設定

キーワード応答設定で設定していないメッセージが友だちから送られてきた場合に自動返信文を返します。
自動返信文でお問い合わせフォームなどを送っておけば、「結果閲覧/ダウンロード/LINEで回答」から回答できます。

友だちが送る特定のキーワードに自動応答する設定はこちら

手順1:プロラインフリーにログインしてチャット応答設定を選択します

本ツール(プロラインフリー)にログインして  応答メッセージ(自動返信文)> チャット応答設定 を選択します。

応答メッセージを開く

 

手順2:応答モードを「自動返信文を送る」にします

応答モードを応答メッセージ(自動返信文)を「送る」にします。

既定では、応答メッセージ(自動返信文)を「送らない」が選択されています。

応答メッセージを送るにする

 

手順3:自動返信文を設定します

ユーザーに送信するメッセージを設定します。

画像はデフォルトで入力されている自動応答メッセージです。

[[form1]] では「お問い合わせフォーム」のURLを送ります。

デフォルトの自動応答メッセージ

 

手順4:[保存]ボタンをクリックします

[保存]ボタンをクリックして、編集内容を保存します

手順5:キーワード応答で設定していないキーワードを送って、動作確認をしましょう

LINEアプリで、「プロラインフリーと連携しているLINE公式アカウント」とのトーク画面を開き、キーワード応答で設定していないキーワードを送ってみましょう。
(キーワード応答で設定したキーワードを送ると、キーワード応答文が返ってきます)

ポイント

自動返信文は、ユーザーがどんな発言をしたとしても、一律で自動返信されます。

これだと『コミュニケーションの取りようが無い』と思うかもしれませんが、逆にそれが顧客対応の省力化と反応率アップをしています。

自動返信文でお問い合わせフォームなどを送っておけば、そこに登録されたメッセージには、[結果閲覧/ダウンロード/LINEで回答] から回答できます。
このお問い合わせフォーム登録時に自動返信文を設定しておけば、ユーザーとテンポの速い会話のキャッチボールをして担当者が疲弊することなく、一度で問題を解決するようなやり取りが可能です。
延々と続くユーザーとの会話のキャッチボールを1対1で100%返し続けることはできませんよね?

また、ユーザーはチャットでないと分かっているから、多少返信が遅れても気にしないので、反応率を維持することができます。