せっかく友だち増えたのにブロックされたのか、減っちゃったみたいなんだよ…

プロラインを活用することで、誰にいつ(どの段階で)ブロックされてしまったか確認することができるよ!

 

LINE公式アカウントでは、どの友だちがブロックしたかや離脱のタイミングを確認することはできませんが、

プロラインを使うことによって、『誰にブロックされているか、どの配信のタイミングでブロックされたか』などを確認することができます。

 

LINE公式アカウントの運用に役立つ情報のため、ご確認方法をご案内したいと思います。

 

ブロックしたユーザーの確認方法

 

友だち管理ページにてユーザーの一覧が表示されますので、それらのアカウントの中で

画像のように『車両通行止め』のようなマークになっているアカウント(Bさん)がブロックしたアカウントです。

 

ブロックされた

 

補足

他にも、アカウントに表示されるアイコンマークは、以下の内容を意味しています。

 

バツマーク:送信失敗中
(何らかの送信が成功した後にマークが外れます。)

送信失敗中

ビックリマーク(エクスクラメーションマーク:今連携中でないアカウントの時の友だち
(設定によって非表示にすることもできます。)

前のアカウントの時

スパムマーク:管理側からスパム設定をした場合

スパム設定

 

どの配信の段階でブロックされたかの確認方法

 

では、Bさんがどの配信をきっかけにブロックをしたかについてご案内します。

(ステップ配信シナリオでメッセージの配信がある場合にご確認できます。)

 

こちらの画像の名前の箇所か画像アイコンをクリックすると、

クリックするとユーザー情報表示

Bさんのユーザー情報が表示されますので、シナリオ履歴の中で『ブロック』と書かれているシナリオ(履歴の中で最も新しい一番上に表示されているシナリオ)をクリックすると

ブロックしたシナリオ

どのステップで、いつブロックされたかを確認することができます。

 

ブロック時期と配信内容

例えば、この場合は、シナリオXのステップ02を配信した直後にブロックされた、ということがわかります。

 

シナリオ・ステップごとに何人ブロックしているかの確認方法

 

また、1人1人の動向だけではなく、どのステップを配信した時に何人がブロックしているか、ということもわかります。

 

ステップ配信シナリオにて、確認したいシナリオをクリックするとステップ一覧が表示されますので、

どこで何人ブロックされているか

どの配信によってブロックされているかは、各ステップの右上のブロックマークに表示されている数で確認できます。

 

補足

例えば、上の画像の1という人数は、”このシナリオの『ステップ02』の配信後にブロックされた”、という状態を示します。

そして、このブロック数の人数をクリックすると、その段階でブロックしたユーザーが以下のように一覧で表示されます。

ブロックしたユーザー一覧

 

このようにプロラインを使うことによって、LINE公式アカウントではわからなかった『誰にどの箇所でブロックされた』について確認できますので、友だち登録の数値改善のために是非ご活用ください。

PC版LINEの場合、動作に様々な制限がある事がございます。
その為、正確な動作確認をしたい場合は、スマホ版LINEアプリをご利用ください。

プロラインフリーの無料アカウントはこちらから
他では絶対にできない、LINEのステップ配信を含む『自動マーケティング』が遂に無料~で実現

プロラインフリーは、LINE公式アカウント専用のLINE集客ツールです。

通常、LINE公式アカウントの機能だけでは実現できない、シナリオ移動などを含めた複雑なLINEステップ配信や、コンテンツページの作成などが、プロラインフリーを使う事で実現できます。です。

多くの個人事業主、企業様が、このプロラインフリーを導入、集客の自動化に成功しています!

また、公式LINEのステップ配信ツールの多くは有料ですが、プロラインフリーは、送信数無制限にも関わらず無料で使う事ができます。