Stripeで継続課金中の商品(決済連携で登録した商品)の決済を停止・解約する場合の操作について、お問い合わせをいただくことがございますのでご案内いたします。
※Stripeの仕様やデザインなどが変更された場合、説明の通りにできない事がございます。その際は、まずStripeにご連絡頂き、方法をご確認ください。

 

決済されたお客様側で解約してもらう方法

 

お客様側でキャンセルすることができるようにするには、以下の手順が必要となります。

 

手順1:まず、Stripeの管理画面にログインし、カスタマーポータルリンクを有効にする

Stripeで操作
Stripeのカスタマーポータルページに移動してカスタマーポータルリンクを有効にします。

カスタマーポータル

以下のように『有効』という表示になっていることをご確認ください。

カスタマーポータルで有効化にする

 

手順2:顧客によるサブスクリプションのキャンセルを許可」を有効にする

Stripeで操作
次に[設定 > カスタマーポータル]の同じ箇所にある「顧客によるサブスクリプションのキャンセルを許可」を開いて

顧客によるサブスクリプションのキャンセルを許可」を有効にする

有効にすると、お客様自身が「Stripeカスタマーポータル」でキャンセルを行える状態になります。

顧客によるサブスクリプションのキャンセルを許可」を有効にするときのボタン

 

手順3:メッセージなどで[[stripe-card-change]]というコードを案内する

プロラインで操作

その上で、プロラインのメッセージやCPなどで[[stripe-card-change]]というコードを案内していただくと、

例えば、このように案内すると

「Stripeカスタマーポータル」というページに誘導できるようになります。

「Stripeカスタマーポータル」というページに誘導できるようになります。

 

 

(このページは、初期設定では「カード情報の変更」「支払履歴の確認」のみ行える状態ですが、上の手順2を踏むことによってお客様側で継続課金の取り止めができるようになります。)

 

ご参考までに、お客様側の操作内容についてもご案内します。

ページに、以下のような表示が出てくるので、お客さんがプランをキャンセルすることを選択すると、

プランをキャンセルすることを選択する

 

手順2で「理由について収集する」を選択している場合に、キャンセルの理由についてフィードバックの表示になります。

キャンセルの理由について求められます。

送信するか終了にすると、以下のようにキャンセル状態で表示されます。

キャンセル後の画面

管理者側からの操作で解約する方法

 

また、管理者側で解約することも可能です。

Stripeで操作

Stripeの管理画面メニューの「顧客」を選択すると、

顧客というページにする

 

サブスクリプションという項目が表示されますので

該当の商品の右に表示されている、「ペンマーク、バツマーク、3点マーク」のうち、一番右の『3点マーク』をクリックすると「サブスクリプションをキャンセル」が表示されます。

サブスクをキャンセルする

 

クリックすると、キャンセル時期、返金などを選択して「キャンセル」することができます。

キャンセル時の画面

 

管理側で操作を行なった場合には、

商品登録ページで該当の商品について設定されている『▼継続課金のキャンセル時のアクション▼』の内容が配信されます。

プロラインで操作

▼継続課金のキャンセル時のアクション▼

 

デフォルトの設定のままの場合には、以下のような内容が配信されます。

編集したい場合には、上の『▼継続課金のキャンセル時のアクション▼』のテキスト画面で編集してください。

▼継続課金のキャンセル時のアクション▼で配信される内容

PC版LINEの場合、動作に様々な制限がある事がございます。
その為、正確な動作確認をしたい場合は、スマホ版LINEアプリをご利用ください。

プロラインフリーの無料アカウントはこちらから
他では絶対にできない、LINEのステップ配信を含む『自動マーケティング』が遂に無料~で実現

プロラインフリーは、LINE公式アカウント専用のLINE集客ツールです。

通常、LINE公式アカウントの機能だけでは実現できない、シナリオ移動などを含めた複雑なLINEステップ配信や、コンテンツページの作成などが、プロラインフリーを使う事で実現できます。です。

多くの個人事業主、企業様が、このプロラインフリーを導入、集客の自動化に成功しています!

また、公式LINEのステップ配信ツールの多くは有料ですが、プロラインフリーは、送信数無制限にも関わらず無料で使う事ができます。