プロラインフリーとLINE公式アカウントの連携作業は、パソコンにてお願い致します。
また、LINEアカウント設定する際のブラウザは、「Google Chrome」「Safari」「Firefox」を使って、LINEアカウント設定を完了してください。「Internet Explorer」では、LINE Developersサイト上で正しく動作しません。

LINE公式アカウントをにLINEログインチャネルを作成して、プロラインとLINE公式アカウントを連携させる(プロラインの高度な機能を使えるようにする)手順を解説します。

まだプロラインとLINE公式アカウントの連携(Messaging API)が済んでいない場合は、こちらの記事を参考に先に行ってください。

LINEログインチャネルは、なぜ必要なの?

LINE公式アカウントは、チャネルと呼ばれる通信路を通して外部システムと連携することができます。

LINE公式アカウント-プロライン連携

既にプロラインを使っている方は、「Messaging APIチャネル」を通してLINE公式アカウントとプロラインが連携できています。「Messaging APIチャネル」を使った連携では、ステップメッセージの配信や、シナリオ別リッチメニューなど基本的な機能を使用することが出来ます。

登録時シナリオの変更、流入元計測、ASP機能といったプロラインのより高度な機能を活用する場合のみ、同じLINE公式アカウントが「LINEログインチャネル」を通してプロラインと連携する必要があります。

LINEログインを「オン」にすると、友だち追加時にLINEアプリで「認証画面」が表示されます(ページ遷移が1つ増えます)。他どのツールを使った場合でも、LINEログインを使用する場合、この「認証画面」は必ず増えます。
他のツールですと、【LINEログインの設定は「必須」】となっていますが、プロラインならオンオフを選択できます。
つまり、プロラインを使う場合、この機能が不要な場合は【「認証画面」の表示をスキップ】という設定が選択できる、数少ないツールと言うこともできます。

LINE Developersでの操作

手順1:LINE Developersを表示します

以下のリンクをクリックすると、LINE Developersの設定ページへ移動します。

手順2:[LINEアカウントでログイン]ボタンをクリックします

ログインアカウントの選択ページが表示された場合、LINE公式アカウントを作成した LINE アカウントでログインして下さい。
言語設定が「English」になっている場合は、「日本語」を選択してください。

3:LINEログイン画面

手順3:LINEアカウントでログインします

LINEのログイン画面が表示されます。スマートフォンをお使いでLINEアプリがインストールされている場合、ワンクリックでログインできます。
パソコンの場合、メールアドレスとパスワードを入力して[ログイン]、もしくは[QRコードログイン]を押し、表示された QR コードを読み取り、ログインします。

なお、メールアドレスがわからない場合は、スマホの普通の「LINE」のアプリ(LINE公式アカウントではなく普通のLINEのアプリ)を開いて、ホーム > 歯車マーク > アカウントから確認することが出来ます。

4:メールアドレス確認

手順4:開発者情報を入力します

はじめての利用の場合、「開発者情報の入力」を求められるので、「開発者名」と「メールアドレス」を入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。

 ここで入力する情報は外部に公開されません。自分の名前、メールアドレスを入力して問題ありません。

5:開発者情報の入力

手順5:LINEログインチャネルを新規作成します

LINEログインチャネルを新規作成します。入力必須の項目は、「チャネルの種類」「プロバイダー」「所在国」「チャネル名」「チャネル説明」「アプリタイプ」「メールアドレス」です。
その他は、省略しても大丈夫です。

①チャネルの種類:LINEログイン
②プロバイダー:既存のプロバイダーを選択してください

 必ず、Messaging APIチャネルと同じ既存のプロバイダーを選択してください

③会社・事業所の所在国・地域:日本など

④チャネルアイコン:LINE公式アカウントで使用するアイコンを任意で登録できます(後からでも変更可能)
※Messaging APIチャネルと同じものがおススメ

⑤チャネル名
メッセージ配信を行う際に、ユーザーに表示される名前になります。アカウント名(Messaging APIチャネル名)と同じで良いです。

 名前に「LINE」という単語を入れるとエラーになることがあるようです。その為「LINE」という単語を使用せずにチャネル名をご登録ください。
⑥チャネル説明
主な使用用途、配信するメッセージ内容などを入力していきましょう。この説明は、簡易的なものでも問題ないと思います。

⑦アプリタイプ:ウェブアプリ

⑧メールアドレス:普段、使用しているアドレスを登録。
6:メールアドレス

⑨プライバシーポリシー、⑩利用規約
空欄でも先に進むことが出来ます。もし、まだ出来ていない場合は、空欄で先に進んでも問題ありません。

6:プライバシーポリシー、利用規約

利用規約の内容に同意してチェックしてください。必要な入力項目を埋めたら、[作成]ボタンをクリックします。

LINEログインチャネルが作成されました。

手順6:チャネルが作成できたら「開発中」という表示をクリックします

「開発中」とは管理者のみがテストできるステータスです。必ず「公開済み」に設定にする必要があります。

手順7:確認画面が出てきますので「公開」をクリックしてください。

「公開済み」に変更されればOKです。

手順8:チャネルID、チャネルシークレットをコピーします

この後の手順で必要な情報ですので、メモ帳アプリなどにコピーしておきます

<省略>

手順9:「リンクされたLINE公式アカウント」でLINE公式アカウントを選択してください

[編集]ボタンをクリックして、プロラインと連携しているLINE公式アカウント(Messaging APIチャネル)を選択してください

プロラインフリーでの操作

※ここからはプロラインの管理画面で操作します。

手順1:プロラインフリーにログインし、初期設定(LINEログイン)の編集画面を開きます

本ツール(プロラインフリー)にログインして設定 > 初期設定(LINEログイン) を選択します

手順2:LINE Developersでコピーした、チャネルID、チャネルシークレットを貼り付けます

※LINEログインチャネルのチャネルID、チャネルシークレットを貼り付けてください

手順3:「保存」ボタンを押して連携結果を確認します

設定状態がOKになれば設定成功です。

動作テスト

手順1:プロラインフリーにログインし、友だちを増やす(QRコード等)の画面を開きます

※LINE公式アカウントではなく、プロラインフリーの画面です

手順2:スマートフォンでLINEアプリを起動し、QRコードを読み取ってみましょう

初期登録シナリオに登録されるQRコードが表示されていますので、LINEアプリを開いて読み取ってみましょう。(QRコード読み取り機能があればスマホ標準のカメラアプリでも問題ございません)

手順3:認証画面が表示されたら成功です。

LINE公式アカウントの「認証画面」が表示されたら成功です。

※上記は新規友だち追加時の画面遷移例です。
※「友だち追加」ボタンは、「友だち追加済み」(灰色)や、「ブロック中」(赤)など、LINE公式アカウントとの友だち状態によって表示が変わります。

PC版LINEの場合、動作に様々な制限がある事がございます。
その為、正確な動作確認をしたい場合は、スマホ版LINEアプリをご利用ください。

プロラインフリーの無料アカウントはこちらから
他では絶対にできない、LINEのステップ配信を含む『自動マーケティング』が遂に無料~で実現

プロラインフリーは、LINE公式アカウント専用のLINE集客ツールです。

通常、LINE公式アカウントの機能だけでは実現できない、シナリオ移動などを含めた複雑なLINEステップ配信や、コンテンツページの作成などが、プロラインフリーを使う事で実現できます。です。

多くの個人事業主、企業様が、このプロラインフリーを導入、集客の自動化に成功しています!

また、公式LINEのステップ配信ツールの多くは有料ですが、プロラインフリーは、送信数無制限にも関わらず無料で使う事ができます。