シナリオ移動のカスタマイズ

プロラインフリーの醍醐味として自由自在なシナリオ移動の設定があります。

時間配信だけのシナリオ移動だけではなく、フォーム回答、LP、各種メッセージなどへ設定が可能です。

 

手順:1 シナリオ移動のカスタマイズを開きます。

ステップ配信シナリオで作成したものが、そのまま反映されています。

ポイント

シナリオ移動のカスタマイズをする場合は、少なくても2以上のシナリオが必要です。

 

手順:2 移動先のシナリオ(B)を開きます。

【例】シナリオAからシナリオBに移動させたい場合は、移動先のシナリオBを開きます。

 

手順:3 解除シナリオの設定を変更します。

 

 

手順:4 移動元のシナリオAを設定する。

 

これで、シナリオAからシナリオBに移動させる という設定ができました。

この設定をメッセージやフォーム、LPなど[シナリオ移動]にて登録していきます。

 

▼発動条件・オプション設定▼

①1ユーザー当たりの登録回数

②同一ユーザーの複数回「実行」するときの待機時間または複数回実行させない

③売り上げ(簡易)を計上したい → 売上予測に使用

④チケットを復活させる → 無限チケットとして活用可

 

 

 

 

 

 

 

 

特定の条件を満たした場合だけ発動させる

 

プロラインなどに登録された情報を利用して、特定の方だけに限定して発動させることができます。

 

【例】性別が男の人にだけ送りたい

[性別]をアンケートに答えた時、[男]と回答した人にだけシナリオ送りたい設定

 

 

外部システム連携したい場合

プログラミング要素も含まれてくるが、外部システムと連携させたシナリオ移動の設定もできる。