友だち一覧から対象者を絞り込む

プロラインフリーと連携しているLINE公式アカウントが友だち追加されると、友だち一覧で確認できます。
友だち一覧から登録シナリオや、友だち追加日など対象者を絞り込んで、「一斉にメッセージを送る」「新しいシナリオを作る」などが行えます。

ここでは、友だち一覧の確認と、対象者の絞り込みについて説明します。

 LINE公式アカウントの管理画面で確認できる友達リスト(連絡先)には、メッセージを送ってくれた人だけが表示されます。(「全員」が表示されるわけではありません)
プロラインフリーの [友だち一覧] には友だち追加した人全員が表示されます
(プロラインフリーと連携前の既存のLINE公式アカウントの友だちの表示には、メッセージの送信など何らかのアクションが必要です)

手順1:プロラインフリーにログインして友だち一覧を選択します

本ツール(プロラインフリー)にログインして 友だち管理 を選択します。

友だち管理を選択

 

手順2:絞り込み条件を設定します

友だち一覧の絞り込み条件には4種類あります。
絞り込み条件で条件を指定すると、結果確認エリアに対象ユーザーが表示されます。

友だちの絞り込み

 

シナリオ単位で選択

特定のシナリオ(複数選択可能)に登録しているユーザーのみ表示したい場合は、対象のシナリオを選択してください。
友だち一覧 を開くとすべて選択されています。つまり、友だち全員が表示される状態です。

 シナリオから解除されたユーザーも選択したい場合は「シナリオ解除済みのユーザー(過去に登録したが今は解除した人)も含める」にチェックを入れてください。
これで過去に1度でもそのシナリオに登録されたことのあるユーザーを選択できます
フォーム単位で選択

特定のフォームを送信したユーザーのみ表示したい場合は、対象のフォームを選択してください。

友だち追加日で絞る

友だち追加した日時で対象ユーザーを絞り込む(フィルタリング)する場合に選択してください。

キーワードで絞る

アカウント名、ユーザーID、メールアドレス(登録している場合)などのキーワードを入力して対象ユーザーを検索できます。

属性タグで絞る

属性タグを設定、付与している場合に特定の属性タグが付与されているユーザーを検索することができます。

 

手順3:対象ユーザーを確認します

絞り込み条件に一致したユーザーが結果確認エリアに表示されます。
個別にユーザーを除外したい場合は、アカウント名の隣にあるチェックボックスをOFF(チェック無し)にして下さい。

友だちの個別解除

 

選んだユーザーの個人情報を取り出す

選択したユーザー情報をCSV形式でエクスポートすることができます。

以上、でユーザーの絞り込み、選択ができました。
対象ユーザーには、アクションエリアで設定した「一斉にメッセージを送る」「新しいシナリオを作る」などの操作を実施することができます。
各アクションの説明については別ページを参照ください。
プロラインフリーの無料アカウントはこちらから
他では絶対にできない、LINEのステップ配信を含む『自動マーケティング』が遂に無料~で実現

プロラインフリーは、LINE公式アカウント専用のLINE集客ツールです。

通常、LINE公式アカウントの機能だけでは実現できない、シナリオ移動などを含めた複雑なLINEステップ配信や、コンテンツページの作成などが、プロラインフリーを使う事で実現できます。です。

多くの個人事業主、企業様が、このプロラインフリーを導入、集客の自動化に成功しています!

また、公式LINEのステップ配信ツールの多くは有料ですが、プロラインフリーは、送信数無制限にも関わらず無料で使う事ができます。