リッチメニューから予約ページ(友だち専用ページ)に移動させると、エラーになっちゃんだよな・・・。

友だちのユーザーID(uid)を反映させる必要のあるページの場合には、キーワード応答を使う必要があるよ!

 

「リッチメニューから予約ページを案内したい」

「リッチメニューからフォームを案内したい」

「リッチメニューからコンテンツページを案内したい」というようなお問い合わせをいただくことがあるので、

 

リッチメニューからそれぞれのページにキーワード応答で誘導する方法についてご案内したいと思います。

 

理由:なぜリッチメニューから直接フォームやコンテンツページ、予約ページに飛ばすことができないか

個々の情報を反映させて表示させる必要のあるページでは、
(友だち専用ページやクーポン、予約ページ、フォーム、独自ASP機能のアフィリエイター向けページなど)

URL末尾の[[uid]]にその友だち固有のユーザーIDが反映されることによって各友だちの状況に合わせたカウントダウンタイマーや紹介リンクや開示制限などが反映される仕組みとなっています。

リッチメニューにある『「URL」に移動』の場合、[[フィールドを挿入]]にある機能(例えば[[uid]]など)は置換されません。

その為、[[uid]]などが含まれる場合、キーワード応答を使用して、案内する必要があります。

 

手順1:リッチメニューでキーワードを設定する

 

まず、リッチメニューにて、該当のリッチメニューを選択し、

タップ範囲の設定項目の『クリック時のアクション』で「テキストを発言させる(キーワード応答)」を選択して、「#予約する」などを設定します。

 

リッチメニューで設定

 

手順2:キーワード応答側でボタンなどで該当のページを案内する

 

 

そして、キーワード応答ページでは、緑色の『新規キーワード』をクリックしてキーワード応答

 

キーワード部分に先ほど設定した「#予約する」を入力して

フキダシ1で『単一ボタン(OK)』を選択し、(画像をボタンにする場合は、画像を選択しても良いです。)

単一ボタンを選択

それにあうボタンの文言を書いて(例:ここから予約する)、『クリック時のアクション』で該当の種類のページが開くように設定し、移動先ページの設定をして保存します。

 

キーワード応答での設定

 

(『クリック時のアクション』で「フォームを開く」「コンテンツページを開く」などを選択していただくことによって、

アンケートフォームページや友だち専用ページに誘導していただくことができます。)

 

 

この操作によって、実際にリッチメニューをクリックした際には、以下のような反応になり、OKをクリックしてもらって予約ページに移行できる状態になります。

リッチメニューをクリック

PC版LINEの場合、動作に様々な制限がある事がございます。
その為、正確な動作確認をしたい場合は、スマホ版LINEアプリをご利用ください。

プロラインフリーの無料アカウントはこちらから
他では絶対にできない、LINEのステップ配信を含む『自動マーケティング』が遂に無料~で実現

プロラインフリーは、LINE公式アカウント専用のLINE集客ツールです。

通常、LINE公式アカウントの機能だけでは実現できない、シナリオ移動などを含めた複雑なLINEステップ配信や、コンテンツページの作成などが、プロラインフリーを使う事で実現できます。です。

多くの個人事業主、企業様が、このプロラインフリーを導入、集客の自動化に成功しています!

また、公式LINEのステップ配信ツールの多くは有料ですが、プロラインフリーは、送信数無制限にも関わらず無料で使う事ができます。