公式LINEのメリットとデメリット

line公式アカウントを運用すると、どんなメリットがあるの?

公式LINEのメリットについてですね

メリットもあれば、デメリットもあるので、それぞれ初心者向けに簡単にわかりやすく解説します

 

line公式アカウントのメリット

まずは、line公式アカウントのメリットを解説します
  • 友だち全員に一斉送信ができる
  • 登録の手間を省ける
  • リアルタイムで情報を伝えられる
  • メルマガよりも到達率や開封率が高い
  • リピート率を上げることができる
  • 1対1トークが利用できる
  • 顧客の分析ができる
  • 公式LINEは無料で利用できる

 

友だち全員に一斉送信ができる

line公式アカウントの1つ目のメリットは、友だち全員に一斉送信ができることです

確かに、LINEでは一斉送信できないもんね!

配信したい内容を友だち追加してくれたユーザー全員に送信可能なので、例えばイベント開催などの告知を一斉送信すれば、効果的に集客する事ができるでしょう

または、飲食店などの実店舗であれば、クーポンを一斉送信する事で再来店を促すことができます

LINE公式アカウントの一斉送信は、どの業種でも活用できそうだね♪

登録の手間を省ける

line公式アカウントの2つ目のメリットは、登録の手間を省けることです

例えばメルマガ登録の場合はメールアドレスを入力するという手間があるので、このひと手間で離脱してしまうユーザーも少なくありません

これに対して公式LINEの友だち追加は、QRコードを読み取るだけで登録が可能です

登録をするユーザー側の負担が減るから、登録率を上げることができるのか!
登録の手間を省けるっていうのは、すごく大きなメリットだね

リアルタイムで情報を伝えられる

line公式アカウントの3つ目のメリットは、リアルタイムで情報を伝えられることです

公式LINEから配信されたメッセージはプッシュ通知でユーザー届くため、その場でメッセージを確認してもらいやすいという特徴があります

たしかにメールだと受信箱を開かない限り、届いている事すら気が付かないもんね

しかも最近は、メールがたくさん届きすぎて埋もれがち…

line公式アカウントでメッセージ配信をすれば、例えばお店の混雑状況を通知したりすることもできるため、さらに効果的な集客が可能となるでしょう

メルマガよりも到達率や開封率が高い

line公式アカウントの4つ目のメリットは、メルマガよりも到達率や開封率が高いことです

前述したように、公式LINEでメッセージを配信すると通知がくるため、メルマガよりも圧倒的に開封率が高いです

1日の中で、メールを開くよりもLINEを開く時間の方が多いもんね

さらに、メールの場合は迷惑メールフォルダに振り分けられてしまったり、エラーが起こるという事が度々ありますが、公式LINEのメッセージ配信ではまずありません

ユーザーにブロックされない限りは、100%メッセージが届くわけか!

確実に相手に届き、開封してもらえる公式LINEのメッセージ配信は、今までのメルマガの悩みを解決してくれるでしょう

リピート率を上げることができる

line公式アカウントの5つ目のメリットは、リピート率を上げることができるという点です

公式LINEにはショップカードクーポンといった、再来店を促すことができる機能が備わっています

これらの機能を活用すれば確かに、2回目、3回目と来店してもらう事ができそう♪

さらにチャットも可能なので、一度来たお客さんに直接コンタクトをとって信頼を深めれば、リピートに繋げる事もできるでしょう

なるほど…実店舗の方には欠かせない機能だね!

1対1トークが利用できる

line公式アカウントの6つ目のメリットは、1対1トークが利用できることです

前述でも説明したように、チャット機能(1対1トーク)を利用すればお客さんに直接コンタクトをとることができます

普段のLINEのようなチャットでのやりとりができるため、お問い合わせ対応に利用したり、連絡フォームとして利用するなど様々なシーンで活用できます

直接連絡をとっちゃえば、わざわざフォームを作成する必要もなくなるね!

ユーザー側にとっても、ホームページなどにアクセスする必要がなくなり手間が省けるため、アクションが増える可能性も期待できるでしょう

顧客の分析ができる

line公式アカウントの7つ目のメリットは、顧客の分析ができることです

公式LINEの「分析」では、友だち追加やブロック数などの推移や友だちの属性などをグラフで確認する事ができます

さらに、メッセージの開封率やクリックユーザーも数値で見ることができるので、マーケティングに非常に役立つでしょう

そんなに細かく分析結果を見ることができたんだ…!

機能でいえば、リサーチを使えば質問を自分で設定してアンケートが取れるので、ユーザーからの意見を集計する事も可能です

より適切にアプローチするためも、公式LINEの分析は必須だね^^

公式LINEは無料で利用できる

line公式アカウントの8つ目のメリットは、公式LINEは無料で利用できるということです

公式LINEにはマーケティングに欠かせない便利な機能がたくさんありますが、それらは全て無料で利用する事ができます

また、配信数もline公式アカウントは月1000通まで無料なので、メルマガスタンドを利用するよりもはるかに安いです

こんなにメリットがたくさんあって、かつ無料で始められるなんてすごい…!

これからはメルマガじゃなくて、LINE公式アカウントの時代になるって言われる理由が本当に良く分かるなあ

line公式アカウントのデメリット

公式LINEのメリットを理解していただいたところで、今度はデメリットを分かりやすく解説します
  • 友だち追加をしてもらわないと配信できない
  • 月の配信数が増えると有料になる
  • 簡単にブロックできてしまう

友だち追加をしてもらわないと配信できない

line公式アカウントの1つ目のデメリットは、友だち追加をしてもらわないと配信できないことです

line公式アカウントでメッセージ配信ができるのは、あくまでも友だち追加しれくれたユーザーだけです

そのため、メッセージを配信したいユーザー(見込み客)に友だち追加してもらえなければ、意味がありません

まずは「友だち追加してもらう」というハードルがあるわけか…

ユーザー側にメリットがないと公式lineを友だち追加してもらうのは難しいため、友だち追加のお礼としてプレゼントを用意するのがおすすめです

そういえば僕も、クーポンプレゼントに釣られて友だち追加したことある(笑)

あとは、LINE VOOM投稿を友だちが「いいね」すると投稿がシェアされるので、友だち追加していないユーザーのLINE VOOM上に表示させることができます

LINE VOOMを上手に活用できれば、そこからも友だちを増やすことができるんだね

月の配信数が増えると有料になる

line公式アカウントの2つ目のデメリットは、月の配信数が増えると有料になることです

前述でも説明したように、無料で利用できる範囲はひと月で1000通までです

そのため、ひと月に1000通以上配信したい場合は有料プランに切り替える必要があります

友だち数が100人いたとしたら、月に10回メッセージを送ったら1000通になるから、11通目を送る場合は有料プランに切り替えないとってことだよね
そういう事です

無料でLINE公式アカウントを使い続けたい場合は、複数アカウントを作成するという手もありますね

(1個の公式LINEアカウントにつき1000通までだから、仮に10個アカウントを持っていれば10万通を無料で送れるってわけか…!)

簡単にブロックできてしまう

line公式アカウントの3つ目のデメリットは、簡単にブロックできてしまうことです

ユーザー側からはワンタップでブロックできてしまうので、配信頻度や内容には十分注意する必要があるでしょう

せっかく友だち追加してくれたのに、ブロックされちゃったら配信が届かないし意味ないもんね

気を付けます!!

最後に

line公式アカウントのメリットとデメリットを、初心者向けに簡単にわかりやすく解説しました

公式lineにはたくさんのメリットがあることが分かったよ!

効果的に運用できるように、教えてもらったデメリットに注意しながらやってみるね

line公式アカウントは作成時にも注意点があるので、まずは読んでから作るのがおすすめですよ

 


今なら限定特典完全無料確認できます。
(LINE公式アカウントの友だち数を増やす方法など)

※予告なく、限定特典の配布を終了する可能性があります。お早めに。