line公式アカウントのメンバー追加がエラーなる原因【権限付与できない理由】

line公式アカウントの権限管理
メンバーを追加しようとしたらエラーになったんだけど…
公式LINEで権限付与ができない原因は
いくつか考えられます。

エラーになる原因と理由を説明していきますね。

line公式アカウントのメンバー追加がエラーなる原因と権限付与できない理由

line公式アカウントの権限管理で権限付与をすると、
複数のユーザーがアカウントを管理できるようになります。
公式LINEのメンバー追加がエラーなる原因は主に3つ考えられます。
まずは、下記に当てはまっていないか確認してみましょう。
  1. 登録上限を超えている場合
  2. 認証用URLが期限切れの場合
  3. 1つのURLから複数人が登録しようとしている場合

 

登録上限を超えている場合

 

line公式アカウントの権限が付与できるのは、1アカウントに対して100人までです。

なので、100人を超えるユーザーは権限付与しようとしてもできません。

 

ユーザーが管理できるLINE公式アカウントも100個までです。

つまり100個までは公式LINEのアカウントを
作成できるってことだね。

アカウントを複数作れば、
公式LINEの費用を節約できそうだな…

 

認証用URLが期限切れの場合

 

認証用URLの有効期限は24時間となっているため、24時間を過ぎるとline公式アカウントのメンバーを追加しようとしてもエラーになります。

 

気付いたら期限が切れてたんだけど
どうしたらいいの?

もし24時間を過ぎた場合は、
認証用URLを再発行してください。

 

一回の発行で複数人の登録はできない

 

認証用URLは1回の発行につき、1ユーザーしか登録する事ができません。

なので複数人が同じ認証用URLで登録しようとすると、権限付与をしようとしてもエラーになります。

 

複数人のユーザーに権限を付与したいんだけど…
その場合は人数分の認証用URLを発行し、
それぞれのリンクから登録するようにしてください。

最後に

line公式アカウントのメンバー追加がエラーなる原因と、
権限付与ができない理由を解説しました。

 

公式LINEのメンバー追加ができない原因を突き止めて対処すれば、権限付与ができるようになるはずです。

 

権限管理を活用して、公式アカウントの運用を円滑にしましょう。