リッチメニューとは?!

トークルームの下側に表示される、固定されたメニューの事です。

事前に設定したキーワードに対しての応答や、リンクを設定してサイトに飛ばすことも可能になります。トークルームの下側に複数の動線を組むことができるので、あなたが見せたい情報を一目で確認することができ、友だち側が知りたい情報を素早く届けることが可能になります。

当ツールを活用する上でも便利なので、ぜひ有効活用したい機能です。

リッチメニュー

リッチメニューの設定方法

リッチメニューの作成方法について紹介します。リッチメニューはスマホアプリ版では設定できないため、PCブラウザ版の「LINE Official Account Manager」を利用します。

手順1:LINE Official Account Managerにログインしてアカウントを選択します

LINE Official Account Managerにログインし、編集したいアカウント名をクリックします。
1:LINE Official Account Manager

手順2:サイドメニュー内にある「リッチメニュー」を選択します

サイドメニュー内にある「リッチメニュー」をクリックします。

2:リッチメニュー

手順3:リッチメニューを作成します

サイドメニュー内にある「リッチメニュー」をクリックします。
リッチメニューのページが開いたら、右上に「作成」ボタンが表示されるので、作成ボタンをクリックします。

3:リッチメニュー作成

手順4:表示設定について

【表示設定】【コンテンツ設定】の 2 つの項目があるので、【表示項目】→【コンテンツ設定】の順番で、どのように入力していけばいいかを説明します。
まずは、表示設定について。

4:リッチメニュー表示設定

タイトル

管理画面で表示されるタイトルです。ユーザーに対して表示される訳ではないので、リッチメニューと関係するタイトルを付けておけば、問題ないと思います。

ステータス

このページで設定した、リッチメニューを表示するかどうかを選択できます。表示したい場合は“オン”に、表示したくない場合は“オフ”にしましょう。

表示期間

このページで設定した、リッチメニューを表示する期間です。

メニューバーのテキスト
メッセージ画面下で、リッチメニューを表示させるバーに記載されるテキストです。例えば、下記の画像のようにデフォルト設定では、「メニュー」とあるので、メニューと表示されています。

4:メニューバーのテキスト
ラジオボタンを操作し「その他のテキスト」を選択。そして、「サービスの説明&質問フォーム」と入力し、保存を押し更新すると、サービスの説明&質問フォームと表示されるようになります。

4:メニューバーのテキスト
メニューのデフォルト表示

メッセージ画面を表示した際に、「表示する」にしておくと、最初からリッチメニューが開かれている状態になります。

「表示しない」を選択すると、メッセージ画面を表示した際に、リッチメニューは閉じている状態になります。

下記の画像は、当ツールが表示項目に設定している入力内容となりますので、よければ参考にしてください(表示期間に関しては、ご自身の設定時期に合わせて調整してください)。

 メニューのデフォルト表示を「表示する」に設定すると、常に表示されている状態になり、配信するメッセージの情報量が減ってしまう為、機会損失に繋がる恐れがあります。

手順5:コンテンツ設定について

続いて、コンテンツ設定についてです。

1:テンプレートを選択します

5:テンプレートを選択する

まず、「テンプレートを選択」では、このように「大」「小」の項目から、画像を表示させたい形式を選択します。当ツールの設定では、「小」項目内にある、画像の赤枠部分を選択しているので、同じ箇所を選択しておきましょう。

5:テンプレートを選択
2:背景画像をアップロードする

リッチメニューではテンプレートのタイルごとに画像を設定するのではなく、1枚の画像を背景としてアップロードする必要があるため、あらかじめ選択するテンプレートのサイズに合わせて画像を調整する必要があります。

5:背景画像をアップロード

アップロードできる画像のサイズは以下の6パターンです。

テンプレート(大) テンプレート(小)
2,500px × 1,686px 2,500px × 843px
1,200px × 810px 1,200px × 405px
800px × 540px 800px × 270px
 画像サイズの詳細に関しては、下記画像の赤枠部分の「デザインガイド」内にあるので、一度目を通しておくのを推奨します。

5:デザインガイド

3:メニューを押した際のアクション決定

次にメニューを押した際のアクションを決めます。

アクションは、「リンク」「テキスト」「クーポン」「ショップカード」「設定しない」という5種類のアクションを振り分ける事ができます。

アクションの設定