[Step1]_【新規】LINE Developersで新規アカウントを作成
 プロラインフリーとLINE公式アカウントの連携作業は、パソコンにてお願い致します。
また、LINEアカウント設定する際のブラウザは、「Google Chrome」「Safari」「Firefox」を使って、LINEアカウント設定を完了してください。「Internet Explorer」では、LINE Developersサイト上で正しく動作しません。

アカウント初期設定ナビを用いた「新規アカウントを作成」する場合の手順を解説します。

Step1-1:LINE Developersを表示します

LINE Developers – Messaging API 作成」リンクをクリックすると、LINE Developersの設定ページへ移動します。

Step1-2:[LINEアカウントでログイン]ボタンをクリックします

ログインアカウントの選択ページになるので、自分の LINE アカウントでログインして下さい。
言語設定が「English」になっている場合は、「日本語」を選択してください。

3:LINEログイン画面

 ビジネスアカウント(個人のLINEを使わずにメールアドレスだけで作成できるアカウント)でログインしてしまうと、API用のアカウントが新規に作成できません。ビジネスアカウントは、作成済みのアカウントの権限を受け取って操作するだけのためのアカウントです。新規アカウント作成は必ず(個人の)LINEアカウントでログインしてください。
なお、プライベート⽤の LINE アカウントでログインしても、プライベート⽤のアカウントからメッセージを送ったり、プライベートの友だちに何か通知がされるようなことはありません。
 ※法人の場合でも、LINEでツールと連携(Messaging APIを利用)するためには、必ず誰かの個人LINEアカウントと連携したLINE公式アカウントを用意する必要があります。
LINE公式アカウントは管理者やオーナーを「追加」「変更」「アカウントの譲渡など」が自由にできます。そのため、法人用アカウントであっても、担当者個人のLINEで、LINE公式アカウントを作ってしまっても、全く差し支えありません。後から、管理者や社長等の必要な人に、管理者やオーナーを「追加」「変更」「アカウントの譲渡など」すれば良く、また作成した方は管理者から削除してしまえば、本当にアカウント作成時は誰でも構いません。
 ※更に言うと、プロラインは後から連携するLINE公式アカウントを自由に変更できます。LINE公式アカウントの作成は無料です。つまり、どうしても個人のLINE公式アカウントでログイン・作成するのを躊躇する場合、「ダメだったら会社用/本番用の正式なLINE公式アカウントをもう一個作って、後でプロラインの設定から、連携するアカウントを入れ替えてしまう」つもりなら、一切の躊躇をすることなく、LINE公式アカウントを個人のプライベートのLINEでログインして作成してしまって構わないことをご理解いただけると思います。
尚、LINE公式アカウントを月1,000通送ってしまっても、「クレジットカードの設定」をしない限り、料金が請求されることはありません。プロラインの方でも、「クレジットカードを入力」「自ら有料プランに変更」しない限りは、課金が勝手にされることは絶対にありません(クレジットカード情報は、外部の決済代行会社に安全に保管されており、当社はクレジットカード情報をサーバー等に保存していません[消費者法により、そのような行為は違法となるため])。

Step1-3:LINEアカウントでログインします

LINEのログイン画面が表示されます。スマートフォンをお使いでLINEアプリがインストールされている場合、ワンクリックでログインできます。
パソコンの場合、メールアドレスとパスワードを入力して[ログイン]、もしくは[QRコードログイン]を押し、表示された QR コードを読み取り、ログインします。

なお、メールアドレスがわからない場合は、スマホの普通の「LINE」のアプリ(LINE公式アカウントではなく普通のLINEのアプリ)を開いて、ホーム > 歯車マーク > アカウントから確認することが出来ます。

4:メールアドレス確認

Step1-4:開発者情報を入力します

はじめての利用の場合、「開発者情報の入力」を求められるので、「開発者名」と「メールアドレス」を入力し、「確認画面へ進む」をクリックします。
※ここで入力する情報は外部に公開されません。自分の名前、メールアドレスを入力しておけば問題ありません。

5:開発者情報の入力

Step1-5:LINE公式アカウントを新規作成します

LINE公式アカウント(とプロバイダー、チャネル)を新規作成します。入力必須の項目は、「チャネルの種類」「プロバイダー」「チャネル名」「チャネル説明」「大業種」「小業種」「メールアドレス」です。
その他は、省略しても大丈夫です。

①チャネルの種類:Messaging API
②プロバイダー:既存のプロバイダーを選択 または 新規プロバイダー作成 を選択し、プロバイダー名を入力します。
※サービスを提供する個人、企業、組織を意味する情報です。LINEの認証画面で友だちに表示されます。

6:チャネルの種類、プロバイダー

③チャネルアイコン:LINE公式アカウントで使用するアイコンを任意で登録できます(後からでも変更可能)

6:チャネルアイコン

④チャネル名
メッセージ配信を行う際に、ユーザーに表示される名前になります。
チャネル名を「起業家bot」と入力すると、ユーザーには「起業家bot」からメッセージが配信される事になります。

アプリ名に「LINE」という単語を入れるとエラーになることがあるようです。その為「LINE」という単語を使用せずにチャネル名をご登録ください。

⑤チャネル説明
主な使用用途、配信するメッセージ内容などを入力していきましょう。この説明は、簡易的なものでも問題ないと思います。

6:チャネル名、チャネル説明

⑥大業種、⑦小業種
配信するメッセージ内容に紐付く業種を選択しましょう。
下記の画像では、大業種を「個人」とし、小業種を「個人(IT・コンピュータ)」としています。

 100%正確である必要はありませんが、後から変更はできません。店舗やECサイト、企業などのLINE公式アカウントを作成する場合は特に正確に選択してください。認証済みアカウント(LINE社の審査が必要)を取得する際の審査に関わってきます。
審査対象のカテゴリはLINE社のヘルプをご確認ください
https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190829/

ただ、認証済みアカウントという特殊なアカウント取らない場合(通常は、認証済みアカウントである必要はないので、そこまで気にされなくても大丈夫です)は、取り急ぎ関係ないですし、審査もないですが一応ご注意ください。

6:大業種、小業種

⑧メールアドレス:普段、使用しているアドレスを登録。

6:メールアドレス

⑨プライバシーポリシー、⑩利用規約
空欄でも先に進むことが出来ます。もし、まだ出来ていない場合は、空欄で先に進んでも問題ありません。

6:プライバシーポリシー、利用規約

利用規約の内容に同意してチェックしてください。必要な入力項目を埋めたら、[作成]ボタンをクリックします。

7:作成ボタン

Step1-6:「情報利用に関する同意について」に同意してください。

「情報利用に関する同意について」という表示が出てくるので、「同意する」をクリックしてください。

LINE公式アカウントが作成されました。
※このページはこの後の設定に使うので、そのまま開きっぱなしで構いません。

パソコン版はタブ、スマホ版はプルダウン型の切り替えメニューで、設定ページを切り替えることができます。

Step1-7:Channel IDを入力します

※先ほどLINE Developersで作成したアカウントの設定ページをそのまま使いますので、開きっぱなしにしておいて構いません。この設定ページを開いた状態を、以下、「作成したチャネルを選択している状態」と呼ぶことにします。

LINE Developers」で作成したチャネルを選択している状態で、[チャネル基本設定]タブにある「チャネル ID」をコピーし、プロラインフリーの初期設定ナビに貼り付けます。

[次へ]ボタンで次に進みましょう。


 

続きはこちら。